治療内容
一般歯科
当院では、虫歯にならない歯の健康管理を重視しています。

虫歯になって治療することを繰り返すのは、患者さん自身の将来を真剣に考えると
よいことではありません。
欧米では日常的になっている、定期的な歯のケアをすることが大切です。

食後や就寝前の歯磨きは重要ですが、それだけでは健康な歯を守りきれないのが現実です。
日ごろの歯磨きだけでは落としきれない汚れを専用の器具で落とすことで、
虫歯のケアはもちろん、歯の色も今までとは違い、きれいになります。
ご自身でのケアの仕方もセルフケアに役立つようアドバイスいたします。

また、当医院では、表面麻酔を施し、できるだけ痛くないような治療を心がけています。
審美歯科
せっかく歯を治療するのであれば、仕上がりは自然で、より綺麗に治して欲しい。
ほとんどの方がそう思われているはずです。
当医院では、ただ歯を治すでけではなく、見ための仕上がりにも重点を置いています。
出来るだけご希望をお聞かせ下さい。
可能な限りご協力いたします。

かぶせもの、義歯等は各種ございます。
(保険適応、保険外のセラミック、ジルコニア、ノンクラスプ義歯 etc)
すべての特徴、利点、欠点をご説明の上選択して頂けます。
ペリオ(歯周病)
私たちが歯を失う原因でもっとも多いのが「歯周病」です。
歯茎が炎症を起こして腫れると歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができますが、その隙間がどんどん深くなると土台となっている骨が縮小していき、しまいには歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)コントロールの不良や生活習・ストレス、老化などさまざまで、
その治療法も幾つかに分かれます。
患者様の年齢や状況を考慮し、最適な治療法を選択する必要があります。
小児歯科
まず、お口の中をむし歯が出来にくい環境にする事が大切です。
しかし、このために定期健診、予防処置を受けるお子さんはまだまだ少ないように思われます。
当医院では、検診時にブラッシング指導、フッ素塗布及びシーラント処置(奥歯の溝の深い部分にプラスチックのような素材を流し込み、むし歯を予防する)をお勧めしております。

残念ながら、むし歯になってしまった場合は、痛みがなくてもなるべく早く受診させてあげて下さい。
痛みや食べにくいといった症状が出てからでは、治療が困難になる場合があります。
早期発見は我々歯科医よりも、日々お口の中をチェックしてあげられる親の役目です。
マタニティー歯科
妊産婦さんは体の変化に伴い、歯茎が腫れる、出血する、虫歯になり易い、お口が臭うなど、トラブルを起こしやすいお口になっています。

こうしたトラブルを放っておくと妊産婦さんご本人だけでなく、早産・流産・低体重児のリスクが7倍になったり、虫歯菌の母子感染、etc・・・ご本人だけでなく、赤ちゃんに悪影響を及ぼします。
この時期から赤ちゃんにしてあげられる事がたくさんあります。
健康な赤ちゃんを産み、育む準備をしましょう。
妊婦
〒583-0026
藤井寺市春日丘1-6-21
TEL/FAX:072-939-8011
マップ
  • トップページ
  • 治療理念
  • ご案内
  • 院内ツアー
  • 診療内容
  • 治療例
当院は、午後9時まで診察をしております。
さとう歯科の特徴
  • マタニティー歯科
  • 予防歯科
  • トゥースフェアリー
  • オーダーケア
Copyright (c) 2013 Satou Dental Clinic. All Right Reserverd.